So-net無料ブログ作成

新潟県:野鳥の記録 2017年


IMG_9037.JPGIMG_9055.JPG
10月18日(水) 新潟市北区 海岸防砂林 まだ冬鳥は多くない。ジョウビタキが1羽見られた。アオゲラはここでは繁殖していないので山地あるいは北から来たものだろう。以前から新潟市では越冬している。カワラヒワは留鳥なのか冬鳥なのかははっきりしない。ウグイスやシジュウカラが多く見られた。
***********************************************************************************************************
IMG_8954.JPG

IMG_8936.JPG

IMG_8944.JPG

IMG_8935.JPG
IMG_8948.JPG

IMG_8950.JPG
9月24日(日) 瓢湖   
 秋晴れの中、瓢湖に出かけた。マガモは換羽中だが求愛行動をしていた。
カルガモ・オナガガモ・ヒドリガモ・コガモ・ダイサギ・コサギも見られた。


***********************************************************************************************************

IMG_8871 (1).JPG

IMG_8897.JPG
9月23日(土) 新潟市東区   平野では旅鳥であるサメビタキが2羽飛来した。昔からこの時期に
見ることができる。
モズはほぼ換羽を終えた。モズは留鳥でこの地で繁殖もする。

***********************************************************************************************************

IMG_8717 (1).JPG

IMG_8678.JPG
9月21日(木) 新潟市東区   柿の実が熟し、鳥が食べに来ている。ムクドリは多い。コムクドリはこの地域で繁殖したものか、移動途中のものかわからないが、食べに来る。ヒヨドリもいる。
***********************************************************************************************************


IMG_8624 (1).JPGIMG_8604.JPG
9月14日(木) 新潟市北区 久しぶりに海岸の砂防林を歩いてみた。鳥は少ないが、エナガの群れを見つけた。山から里に下りてきたのだろうか。シジュウカラも一緒だった。
ホトトギスらしい個体が1羽いた。
ほかには、アカゲラ、ミサゴ、?カラス。
***************************************************************************************************************

IMG_8562.JPGIMG_8556.JPGDSC04591.JPG
9月1日(金)新潟市東区 気温が下がり秋らしくなってきた。木々の茂みに渡り鳥が見られるようになった。今日はコサメビタキが飛来した。

垣根にコガタスズメバチが巣を作った。直径20cm以上はありそうである。餌となるガの幼虫はたくさんいる。アメリカシロヒトリの幼虫も食べているのだろうか?

****************************************************************************************************************

カンムリカイツブリ.JPG
ノスリ.JPG
7月28日(金)佐潟 夏なのであまり多くは見られなかった。カンムリカイツブリは繁殖しているようだ。カルガモ雛やアオサギがいた。岸辺をツバメが飛んでいた。近くの畑の電柱で、ノスリが見られた。羽毛から幼鳥と思われる。
****************************************************************************************************************

IMG_8321.JPGIMG_8334.JPGIMG_8326.JPG2017年6月3日(土)総会が阿賀町「あすなろ荘」で行われた。
翌日4日(日)の早朝、近くの「たきがしら湿原」で探鳥会を行った。この湿原は村落の田畑を湿原として整備したものである。また、森林は薪炭林として利用されたものであるが、数十年の年月が経過し大きく育っている。主な樹種はミズナラ、コナラ、ブナでホオノキやトチノキが混じる。大きく育った林では樹間も空いてきており、キビタキが好む環境も多く見られた。
寒気団により直前まで雨が降っていたが、探鳥会の開始時刻にはすっかり雨が止んだ。しかし、気温10℃と寒く、鳥のさえずりも少なかった。
<観察記録種>
カルガモ、キジバト、アオバト、ホトトギス、ツツドリ、コゲラ、アカゲラ、トビ、サシバ、ツミ?、サンショウクイ、カケス、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヤマガラ、キバシリ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、メジロ、キビタキ、ホオジロ 以上23種
なお、あすなろ荘付近では、トビ、サシバ、アカショウビン、オオルリ、ムクドリ、スズメ、キセキレイを確認。
・写真は
たきがしら湿原
キビタキの棲む林
探鳥の様子
****************************************************************************************************************

DSC02767.JPGヤマガラ 雛 ふ化後約2週間.JPGシジュウカラ雛 ふ化後約1週間.JPG

2017年5月18日

久しぶりに、中越へ出かけてみた。もう新緑ではなく緑が濃く、ホオノキの花も終わりかけ、ヤブデマリの花(写真)が満開になっていた。草花ではムラサキケマンが咲いていた。ヤマボウシの花はもう少しだ。
サンショウクイの声がたくさん聞こえてきた。キビタキやサンコウチョウのさえずりも聞こえた。ほかには、ホトトギス、メジロ、ノジコ、クロツグミのさえずりも聞こえた。
小鳥たちはもうすでにヒナが孵化し、巣立ち間近なヤマガラ(写真)や孵化1週間後くらいのシジュウカラのヒナ(写真)を確認できた。
****************************************************************************************************************

003.JPG
0005.JPG0006.JPG

2017年5月10日

今年の春の気候は昨年より少し肌寒く、その影響か産卵時期が昨年よりも少し遅かった。

写真は、コムクドリの雄・巣卵、シジュウカラの巣卵。
****************************************************************************************************************


IMG_6469.JPGIMG_6475.JPGIMG_6471.JPGIMG_6479.JPG
2017年2月5日
長岡市寺泊
久しぶりに訪れたが、以前よりも鳥が少ない。鳥インフルのため一切の餌付けをしていないことも原因だろうか?
写真はセグロカモメ、ウミネコ、ウミウ、ツグミ.
ほかには、ウミアイサかカワアイサ?、コガモ、ハクセキレイ。


****************************************************************************************************************


IMG_6466.JPG2017年2月2日
新潟市

ここ何日か雪が多く冬鳥の小鳥類はどこかへ移動したと思っていたが、今日庭にシメがやってきた。1羽だけだったがなんとか生き延びているものもいるようだ。木の芽などを食べているのだろう。
新潟の厳冬期にどんな小鳥類がいるのか確認することもおもしろい。
写真はガラス越しなので、不鮮明。




IMG_6392.JPGIMG_6393.JPGIMG_6427.JPGIMG_6426.JPGIMG_6436.JPGIMG_6439.JPG2017年1月16-17日(月・火)雪
新潟市佐潟、福島潟、阿賀野市瓢湖

大雪の中、新潟市の西から北、阿賀町まで水鳥の観察に出かけてみた。

佐潟では水鳥湿地センターの付近にはほとんどいなく、遠く離れた北西側に多くが集結していた。
瓢湖では湖面のほとんどに2000~3000羽のハクチョウが広がっていた。
福島潟では数は多くなかったが、ビュー福島潟から観察できた。
いずれの湖面も雪が積もっており、その上にハクチョウ類やヒシクイなどが立っていた。
写真は上から2枚づつ。佐潟・瓢湖・福島潟。
観察できた鳥
オオハクチョウ、コハクチョウ、ヒシクイ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オオバン、アオサギ、カワウ、トビ、キジバト、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ。
..................................................................................................................................................

IMG_6380.JPG2017年1月10日(火)新潟市

身近な場所でそれも車中からカモたちを観察する場所はなかなか見つからない。川沿いにもいることはあるがいつもいるわではない。今日は以前見かけた貯木場に行ってみた。すると、300羽ほどのコガモと11羽のカルガモが確認できた。ほかにはカワウ1羽、ハクセキレイ1羽。貯木に囲まれた波がない場所では、コガモの求愛行動も見られた。

0001IMG_6357.JPG2017年1月9日(月)新潟市

今年の1月は少雪暖冬で、雪の多い年は姿を見せない鳥がよく姿を見せる。今日は庭にアオジがやってきた。落ちているシソの実を食べている。アオジはこの庭でも繁殖したことがある。その家族の1羽だろうか?それとももっと北からやってきた個体だろうか?




IMG_6475.JPGIMG_6475.JPG0005.JPG0006.JPGヤマガラ 雛 ふ化後約2週間.JPGIMG_8334.JPGIMG_8326.JPGノスリ.JPGIMG_8556.JPGIMG_8604.JPGIMG_8604.JPGIMG_8678.JPG*******************************************************************************************************************
          本ブログで使用している図や写真の無断使用厳禁
(Google画像検索・改編後の非営利目的での再使用が許可された画像も使用)